医学部受験コラム MEDICAL COLUMN

勉強しても成績の上がらないのはなぜ・・・?「わかる」と「できる」の違いを知ろう!

2019.11.22

亀井 孝祥
医学部受験予備校メディカ代表

勉強しても成績が上がらない……。私には才能がないのだろうか……。そんな悩みを抱えた子どもが、ひとつのきっかけで一気に伸びることは少なくありません。

「授業を受ければ成績が伸びる」わけではない

「勉強への取り組み方」が間違っていないか、確認してみましょう。

成績が伸び悩み、苦悩している受験生の典型的な例に「わかるのにできない」というパターンがあります。授業を受け、参考書を読めば「わかる」のに、テストでは間違える。そして、その部分を見直して「本当はわかっていたのに」と、あたかもケアレスミスであるかのように思い込む。この繰り返しのせいで、「勉強はしているのに、ちっとも成績が上がらない」という状態が定着してしまうのです。

原因は、「わかる」と「できる」の違いを理解できていないことにあります。

教科書や参考書を読んで、その意味を理解できることが「わかる」。そして、理解した内容をテストで問われ、正しく回答することが「できる」です。この差に気づいていない生徒は多くいます。

いくらたくさん授業を受け、参考書を読んで「わかる」量が増えたとしても、「できる」量が増えていかなければ、テストの点数は上がらず、成績は伸びません。つまり、伸び悩んでいる受験生に効果的なのは、「わかる」経験を増やすために多くの授業を受けることではなく、テストを繰り返し行い、「何ができて」「何ができないのか」を正確かつ徹底的に明らかにしていくことなのです。

子どもの成績が上がらない場合、この違いに気づいているかどうか、注視してみる必要があるかもしれません。

ちなみに予備校を選ぶ際は、カリキュラムをチェックし、「できるようになること」にも十分力を注いでいるか、目を配るようにしましょう。つい授業メニューの豊富さに目を奪われてしまいがちですが、その内容が身に付いていなければ、受験では何の役にも立ちません。

徹底した「復習テスト」こそが着実な成績アップにつながる

こうして「勉強への取り組み方」を理解したあとは、わからないことがあれば教科書まで戻って確認し、その理解を問う復習テストを行います。予備校や学校で学んだ問題とまったく同じ内容をテストをし、基礎から応用まで、1つひとつ、体に叩き込んでいきます。

できない箇所を洗い出すために、細かく頻繁に、チェックを繰り返すこと。これを執拗ともいえるぐらい行って、得点できる領域を少しずつ広げていけば、子どもの成績は確実に上がっていきます。

実際この方式により、半年で偏差値が20上がる、前年は10校全滅だった多浪生が次の年には志望校に合格する、といった大逆転が毎年のように起きています。

たとえ受験のことはわからなくても、保護者も一緒に情報収集を

勉強そのものについては、プロに任せることが、子どもにとっても保護者にとっても最適でしょう。ただ、予備校任せで保護者の方が受験にまったくノータッチでいると、子どもは1人で戦っているような気持ちになり、心細くなってしまいます。親子関係が良好になると、成績の伸びが変わりますから、孤独を感じないよう、子どものメンタルはしっかり支えてあげることが重要です。

励ますための具体的な方法としては、情報収集を共に行うことが効果的です。たとえば、大学案内を一緒に読んで「いい大学だね」と話題にするだけで、子どもは、ほっとします。オープンキャンパスに着いていくのも「この親は自分のことを見守ってくれている」と感じ、とても効果的です。

「受験のことは母親に任せきり」という父親の方も多いのですが、休日を利用して大学に足を運んでみましょう。「お父さん、受験のことはわからないけど、大学を一緒に見に行こうか」と、ぜひ子どもを誘ってあげてください。

大学見学した日が楽しい1日となって、親子の絆が強まれば、その大学への思い入れも変わってきます。「親に喜んでほしい」と素直に思えれば、その気持ちは必ず、受験勉強の原動力になるはずです。

各日程 【先着30名限定】
2020年2月開催
医学部受験セミナー in 幻冬舎
>詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは、TEL 03-5412-6585

コラム一覧を見る